買取日記

BLOG

テーブルウェア・フェスティバル2019に行ってきた

テーブルウェア・フェスティバル2019に行ってきた

2月3日から東京ドームシティで開催中の「テーブルウェア・フェスティバル2019~暮らしを彩る器展~」に行ってきました。

テーブルウェア・フェスティバル

日本の名窯から海外ブランドまで、世界の器が集まる国内最大級のイベント。1993年から毎年開催されて、毎年25万人以もの来場者が訪れるテーブルウェア業界の一大イベントです。器の展示だけでなく、トークショー、生演奏、セミナーなどの企画、展示販売コーナーもあります。

第27回の特集企画はこちら

  • German Tableware 〜Traditional & Modern 〜
  • 彩の食卓 カジュアルリッチ 〜波佐美焼〜
  • Botanical Table 〜ナチュラルな暮らしを愉しむ〜

今年は気合いを入れて2日目の午前中に行きましたが、去年よりは少し人が少なかったように感じました。とはいえ、東京ドームのグランドいっぱいに広がった展示は何度見ても圧巻です。

テーブルウェア・フェスティバル 2019

テーブル・ウェアフェスティバル2019レポート

今年も洋食器中心に見てきました。個人的に印象に残ったものを紹介します。

German Tableware 〜Traditional & Modern 〜

去年はイギリスでしたが、今年はヨーロッパ磁器発祥の国ドイツ。世界的に有名な名窯の逸品から、日本初上陸のモダンな器まで一堂に集結!

Swan Service / Meissen

会場に入ると、最初にお出迎えしてくれるのはマイセンです。こちらはスワンサービスの一式、オーラありますね。

Blue Onion / Meissen

そして、定番のブルーオニオン。

Royal Place / Meissen

ブラック×ゴールドがゴージャスなコスモポリタン・ロイヤルパレス。幾何学模様はマイセン磁器発祥の地、アルブレヒト城内のモザイク紋様がモチーフになっているそうです。

The Garden of Börner / Meissen

今回のテーブルウェア・フェスティバルの表紙にもなっているガーデン・オブ ・ベルナーを中心にしたセット。エミール・バウル・ベルナーが描いたパンプキンフラワーを現代的に解釈したシリーズです。

Enzo Mari / KPM

こちらはKPM(ベルリン王立磁器製陶所)のエンツォ・マーリデザインのベルリン。

Landscape White / Rosenthal

ローゼンタールも忘れてはいけません。手前はランドスケープ、奥は魔笛シリーズ。シンプルなのに存在感あります。

Old Luxembourg Brindille / Villeroy & Boch

ビレロイ&ボッホのオールドルクセンブルクの一式。

TEMPTATION / SIEGER by FÜRSTENBERG

こちらはフェルステンベルクのテンプテーションシリーズ。ギリシア神話の英雄をモチーフにしているというプロメテウスがあやしい存在感を放っています。

CIELO / Hering Berlin

穴の装飾がおもしろいへリング・ベルリンのシエロ。

Botanical Table 〜ナチュラルな暮らしを愉しむ〜

もう一つの特集企画は「ボタニカル」ってことで、世界中から植物柄の食器が集結!

Eden Rose Dragée / Herend

入ってまず目に飛び込んでくるのはハンガリーのヘレンド。こちらは2009年に登場したエデンの新カラー、エデン・ローズドラジェ。ドラジェ(Dragée)は砂糖ペーストでコーティングしたお菓子の一種のこと。ピンクの甘い砂糖菓子って感じでしょうか。

Quatre Saisons / Herend

ヘレンドからもうひとつ、こちらはフォーシーズンズの一式。ハンガリーの野に咲く四季の草花がモチーフだそうです。なかなかこれだけセットが揃う機会のは珍しいそうなのでお見逃しなく。

Calico / Burleigh

こちらはイギリスのバーレイのキャリコ。バーレイはブラック・リーガル・ピーコックで去年の表紙にもなってましたね。

Jardin Indien / Bernardaud

こちらはフランスのベルナルドのジャルダン・アンディヤンシリーズ。ムンバイにかつてあった庭園がモチーフだそうです。

Hunting / Bordallo Pinheiro

こちらのエキゾチックな雰囲気の一式は、ポルトガルのボルダロ・ピニェイロ。ちょっとワイルドですね。

Patrician / LOBMEYR

こちらはオーストリアのロブマイヤー。写真に写ってないですが、シャンデリアもステキなので、下ばかり見てないで、たまに上も見ないとですね。

著名人のテーブルセッティング

各界の著名人による個性豊かな「おもてなしの食空間」がこちら。

テーブルセッティング:東儀秀樹

ひときわ異彩を放っていた雅楽師の東儀秀樹さんのテーブルセッティング。落ち着いて食事できるのでしょうか。

テーブルセッティング:黒柳徹子&田川啓二(中央)

黒柳徹子&田川啓二さんのテーブルセッティング。江戸切子と薩摩切子でスッキリ涼やか。

テーブルセッティング:小倉優子

ゆうこりんこと小倉優子さんのテーブルセッティング。ポルトガルのボルダロ・ピニェイロを使っています。ロッキングチェアに置いたぬいぐるみがかわいらしいですね。

その他の展示

優しい食空間コンテントの作品たち。さまざまなシチュエーションのテーブルコーディネートが楽しめます。タイトルも凝っていておもしろいです。

秋色を愉しむ時間 / 阿部瑠以子

はなむけ / 有田悦子

白と黒で〜音食を愉しむ〜 / 高津由美子

錫婚式の聖夜に感謝を込めて〜結婚10周年のクリスマス・イブに〜 / 中村公絵

全部ではないですが、他にも写真に撮ってきたので、flickrにアップしてあります。

イベント情報

イベント名テーブルウェア・フェスティバル2019
開催期間2019年2月3日(日)〜2月11日(月)
開館時間 / 休館日10:00〜19:00
会場東京ドーム
ホームページhttps://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

投稿者のコメント

有名ブランドの名作を間近で見れるのも感動ですが、新作や、日本初上陸のブランドなど新しいものとの出会いが刺激になります!

(更新日:2019年02月05日)

  • Yahoo!ショッピング出店中、商品のご購入はセレクターズ・オンラインストアへ

PAGE TOP