買取日記

BLOG

販売チャンネルの振り返り(2018年)

販売チャンネルの振り返り(2018年)

買取チャンネルの振り返り(2018年)」に続きまして、販売チャンネルの方も振り返ってみたいと思います。

買取チャンネルの振り返りでは、ホームページの買取実績掲載数を元に集計しましたが、販売チャンネルは、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!ストアの販売データを元に集計しています。実際の数字を載せるのは露骨なので、オブラートに包んで「シェア(%)」のみとなります。

2017年のデータはこちらの記事「販売チャンネルの振り返り(2017年)」をご参照ください。

男女別シェア

性別注文件数注文金額
男性36.8%37.8%
女性62.6%61.4%
不明0.6%0.8%

前年同様、圧倒的に女性ユーザーが中心です。比率もほとんど変わっていません。(※「不明」は性別がわからない会社名などでの注文です)

デバイス別シェア

デバイス注文件数注文金額
パソコン48.0%49.2%
スマホ42.8%39.9%
タブレット9.2%10.9%

2018年はパソコンからの注文がスマホを上回りました。ホームページの方はアスクスの62.6%がスマホなのですが、お買い物はまだまだパソコン派が多いようです。(ヤフオク!は注文者のデバイスが把握できないので除外しています)

カテゴリ別シェア

カテゴリ注文個数注文金額
洋食器66.2%55.9%
銀食器・カトラリー7.5%13.2%
クリスタル・ガラス8.6%13.4%
フィギュリン2.8%4.6%
インテリア・雑貨10.8%9.3%
アクセサリー4.2%3.6%

洋食器がメインなのは変わらず。買取の状況(偏り)がそのまま販売にも反映されています。バランスよく出品したいところですが、買取の状況次第なのでなかなか悩ましいです。

ブランド別シェア

注文個数別

順位変動ブランド注文個数
1位ウェッジウッド30.5%
2位マッピン&ウェッブ7.2%
2位ミントン7.2%
4位ロイヤル・コペンハーゲン6.1%
5位ヘレンド5.0%
6位リチャード・ジノリ4.7%
7位バカラ3.9%
7位ロイヤル・アルバート3.9%
9位スポード3.3%
10位エインズレイ2.2%
10位スワロフスキー2.2%
10位マイセン2.2%

1位のウェッジウッドは変わらずですが、前回9位だったマッピンウェッブと10位だったミントンが同率2位に急上昇!エインズレイ、スワロフスキー、マイセンが同率で10位に入ってきました。

注文金額別

順位変動ブランド注文金額
1位ウェッジウッド20.8%
2位マッピン&ウェッブ11.6%
3位ヘレンド8.2%
4位ロイヤル・コペンハーゲン8.1%
5位バカラ7.0%
6位ミントン4.9%
7位リチャード・ジノリ4.1%
8位マイセン3.3%
9位ラリック3.2%
10位アウガルテン2.9%

注文金額で比べると、ラリック、アウガルテンといった単価の高いブランドがランクインしてきます。

投稿者のコメント

買取でも販売でもマッピン&ウェッブが大健闘した1年でした。今後も注力していきますのでご期待ください。

(更新日:2019年01月04日)

  • Yahoo!ショッピング出店中、商品のご購入はセレクターズ・オンラインストアへ

PAGE TOP