買取日記

BLOG

ちょっと遅めの夏休み、那須高原の旅2018

ちょっと遅めの夏休み、那須高原の旅2018

こんにちは、チカです。9月11〜12日の2日間、ちょっと遅めの夏休みをいただいて、那須高原に旅行してきました。

今回の旅行は私たち夫婦だけでなく、私の両親、妹夫婦、妹夫婦の子供2人、と総勢8名の団体旅行です。スポンサーは両親で、妹が旅の企画を担当、ユースケはカメラ係。私はついていくだけのラクチン旅行です。

写真で振り返る那須高原の旅2018

都会の喧騒を離れ、涼しい高原でまったり…は妹夫婦の子供たちが許してくれません。「あれ食べたい」「これはイヤ」「もう帰りたい」「帰りたくない」…なんともにぎやかな2日間でした。

セグウェイおばさん

今回の主役は子供たちってことで、まずは、魚釣りやゴーカート、芝そりすべりが楽しめるアスレチックスポット「那須渓流パーク」に行ったのですが、そこで見つけたセグウェイ(ミニセグウェイ)体験が楽しかった。

ヤギとチカ

お次は、南ケ丘牧場に移動して散策。羊のエサやりコーナーで羊たちと触れ合えます。この写真はなんだかいい感じですが、このあと飢えた羊たちの群れに襲われました。

スロープの先で待ち受ける馬とロバ

羊だけじゃなくて、ウサギや馬(ロバも)のエサやりも体験できます。

ソフトクリームを食べるチカ

牧場にきたらソフトクリームは外せません。

ホテルからの眺め

ホテルの部屋からの眺望。見渡す限りの緑で癒されます。夜はビュッフェでおなかいっぱい食べて、温泉(露天風呂)につかってゆっくりしました。

もみじ谷大吊橋

翌日は、那須で人気のパン屋(写真を撮りわすれました)に行ったり、道の駅で野菜を買ったり、紅葉にはまだ早いのですが、もみじ谷大吊橋に行ったりしました。

羽生サービスエリア

個人的には、東北自動車の帰り道に「羽生パーキングエリア」によれたのがうれしかったです。というのも、ここは池波正太郎の時代小説『鬼平犯科帳』とコラボして、小説の世界感を再現したテーマエリアになっているのです。

うれしそうなチカ

軍鶏鍋屋「五鉄」で食事したり、木村忠吾と記念撮影したり、池波正太郎ファンの私にはたまらないエリアでした。

投稿者のコメント

ホテルのディナーはビュッフェ形式だったのですが、案の定食べ過ぎてしましました...

(更新日:2018年09月22日)

  • Yahoo!ショッピング出店中、商品のご購入はセレクターズ・オンラインストアへ

PAGE TOP