スタッフブログ

英国シルバーウェアのホールマークの読み方

英国シルバーウェアのホールマークの読み方

イギリスのシルバーウェアの多くは、ホールマークといわれる刻印が押されています。今回はその読み方を紹介します。

ホールマークとは

Lionpassant Hallmark

銀、金、プラチナなど、貴金属の純度を証明するために打刻される刻印のこと。国や時代によってさまざまな刻印が存在します。そのなかでもイギリスの刻印制度は厳格で、刻印を見れば、何年にどの工房で作られたものか知ることができます。

ホールマークの読み方(イギリス編)

ホールマークの種類

ホールマークにはそれぞれ次のような意味があります。

アセイマーク
(産地刻印)
どの都市で検査したかを示しています。ラインオンはロンドン、錨はバーミングガム、薔薇もしくは王冠はシェフィールド。
スタンダードマーク
(純度刻印)
銀の純度を示しています。スターリングシルバー(純度92.5%)を示す”歩くライオン”、ブリタニアンスタンダード(純度95.84%)を示す”女神ブリタニア”の2種類があります。
デートレター
(年号刻印)
枠の形と文字の組合せで、検査を受けた年を示しています。この年号が”制作年”となります。
メーカーズマーク
(工房刻印)
どこの工房で作られたかを示しています。
デューティーマーク
(徴税刻印)
納税時期を示しています。(1784〜1890年のものに限る)

デートレターの調べ方

デートレターから年号を調べるには、こちらのガイドブック『English Silver Hall-Marks』を使います。

中身は全部英語ですが、絵柄で調べるので英語の知識は不要です。

『English Silver Hall-Marks』の調べ方

デートレターは、アセイマーク(産地刻印)順に掲載されているので、まずアセイマークからシェフィールドのページに絞り、次に左下にデートレターの枠の形があるので同じ形のコーナーを探します。最後はアルファベットで絞れば年号が見つかります。

ってことで、今回のものは”1990年にシェフィールドで検査されたマッピン&ウェッブのスターリングシルバー製のもの”ということがわかりました。

投稿者のヒトコト

いつどの工房で作られたかまでわかると、より愛着がわきますね。その年になにがあったか調べてみるのもおもしろいかもしれません。

お問合せ・買取相談(無料)はこちら

どんなことでもかまいませんので
お気軽にご相談ください。

お問合せ・買取相談(無料)


PageTop