買取日記

BLOG

ブリオッシュを作ってみた

ブリオッシュを作ってみた

こんにちは、チカです。今月2品目のパン作りにチャレンジ!今回はブリオッシュを作ってみました。

ブリオッシュ

17世紀にフランスで誕生したというブリオッシュ。最近では、スーパーのパンコーナーにも並んでいたりします。生地にバターと卵、砂糖をふんだんに使っていて、焼き上がりはしっとり、ふっくら。材料的にもパンというよりお菓子と言ってもよいくらい。

かのマリー・アントワネットの有名なセリフ「パンがなければお菓子をたべればいいじゃない」の“お菓子”はブリオッシュを指しているという説もあるそうです。

ブリオッシュの名前の由来は

  1. ブリー地方のチーズを使っていて、オッチ(ペルシャ語で“いちじく”)の形に似ているから
  2. ノルマン語のブリ(砕く)とオシェ(ゆさぶる)の2つの言葉を組み合わせたもの
  3. パリのポンヌフ橋でおいしいパンを売っていたおじさんの名前(ジャン・ブリオッシュ)からとった

など、歴史が古いだけにいろいろな説があるようです。(個人的には3番のブリオッシュおじさんを推したい)

ブリオッシュ

ブリオッシュはお菓子のようなものってことで、デザートプレートに並べてみました。グラニュー糖をのせて焼いたものと、マンゴークリームを挟んだもの2種類です。

今日の一皿:スポードのカンパニュラ

スポード カンパニュラ 20cmプレート

“カンパニュラ”とは地中海沿岸地方に原産の植物で、日本ではの名前で親しまれています。大きく描かれた薄紫の釣鐘草は、パンで隠れてしまうのがもったいくらいほど。たっぷりの金彩と独特のシェイプがエレガントです。

  • Yahoo!ショッピング出店中、商品のご購入はセレクターズ・オンラインストアへ

PAGE TOP